就職・転職

中小企業への就職はメリットがたくさん!大企業との違いを徹底解説

就職活動を進めるなら、大企業だけでなく中小企業も検討することがおすすめです。

中小企業にも視野を広げれば、自分に合う企業が見つかりやすくなり、就職活動の成功率が高まるでしょう。

しかし、就活生のなかには下記のような疑問を感じている人もいます。

「中小企業に就職するメリットはあるのか」

「優良な中小企業の探し方はあるのか」

「中小企業と大企業の違いとは」

そこで、本記事では中小企業に就職するメリットと優良中小企業の探し方を解説します。

中小企業には大企業にない魅力がたくさんあるので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

中小企業と大企業の定義

中小企業の定義は「中小企業基本法」で定義されており、下記の条件を満たした場合に中小企業とされます。

業種中小企業者(下記のいずれかを満たす場合)
資本金の額又は出資の総額常時使用する従業員の数
製造業その他3億円以下300人以下
卸売業1億円以下100人以下
小売業5,000万円以下50人以下
サービス業5,000万円以下100人以下

出典:中小企業庁「中小企業・小規模企業者の定義」

また、日本企業の約99.7%が上記に該当するため、ほとんどの企業が中小企業であるといえるでしょう。

大企業については明確に法律で定められておらず、上記に当てはまらない場合に大企業といえます。

就職活動をする際は、中小企業と大企業の違いを確認しておくとよいでしょう。

中小企業に就職するメリット5選

中小企業に就職するメリットは、次の5つです。

・幅広い業務が担当できる

・経営者との距離が近い

・コミュニケーションが取りやすい

・大企業より昇進しやすい

・全国に転勤する機会が少ない

中小企業には、大企業にはないメリットがたくさんあります。

就職活動をする際は、大企業だけでなく中小企業にも視野を広げましょう。

幅広い業務が担当できる

中小企業に就職するメリットは、幅広い業務が担当できる点です。

中小企業は大企業よりも人が少ないため、1人が複数の業務を担当する場合があります。

例えば、営業と採用を兼任するなどのケースです。

そのため、中小企業は幅広いスキルを身につけられ早く成長できるでしょう。

コミュニケーションが取りやすい

コミュニケーションが取りやすい点も、中小企業の大きなメリットです。

中小企業では大企業よりも人数が少ないため、人との距離感が近く風通しがよい傾向があります。

そのため、個人の意見が通りやすく裁量権が与えられるケースもあるので、やりがいをもって仕事ができるでしょう。

社員同士のコミュニケーションを大事にしたい人は、中小企業も選択肢に入れましょう。

経営者との距離が近い

経営者との距離が近いことも、中小企業のメリットといえるでしょう。

中小企業では、人数が多い大企業よりも経営者との距離が近いといえます。

経営者との距離が近ければ直接学ぶチャンスもあり、自身の成長にもつながるでしょう。

また、距離が近いことで自身の考えを経営者に伝えるチャンスが出てくる可能性も高いため、自分の意見を経営に反映させやすいでしょう。

経営者から様々なことを学びたい人は、中小企業を検討しましょう。

大企業より昇進しやすい

中小企業では、大企業よりもライバルが少なく昇進しやすいといえます。

中小企業では、個人の売上が評価されやすいことも要因に挙げられるでしょう。

なかには、大企業では平社員だった人が中小企業に転職した後に管理職に昇進するケースもあります。

戦略的に出世を狙うなら、中小企業への就職も視野に入れましょう。

全国に転勤する機会が少ない

全国に転勤する機会が少ない点は、中小企業での特徴といえるでしょう。

中小企業では、勤務地が本社のみのケースが多く転勤は少ない傾向にあります。

また、支店や店舗が複数ある場合に異動を命じられても、同一県内のケースが多く全国に転勤するケースは少ないといえます。

そのため、転勤が難しいと感じる人は中小企業も確認しましょう。

中小企業に就職するデメリット3選

中小企業に就職するデメリットは、次の3つです。

・大企業と比較して給料が劣る

・ネームバリューが低い

・教育制度が整っていない

中小企業では、大企業よりも資金面や社員の人数が劣るケースがあります。

デメリットも確認して自分に合うか判断しましょう。

大企業と比較して給料が劣る

中小企業では、大企業と比較して給料が劣る傾向にあります。

大企業では給与の基準が明確されているケースが多く、給与水準が高いケースがあります。

場合によっては、20代で中小企業の40〜50代の人と同じ水準の給与をもらえるケースも珍しくないでしょう。

しかし、中小企業は大企業よりも昇進しやすく、努力次第では大企業以上の給与を得る可能性もあります。

なかには、大企業に近い給与水準の企業もあるため、中小企業の給与も事前に確認しましょう。

ネームバリューが低い

中小企業では大企業よりも知名度が低いケースが多く、ネームバリューが個人の生活に影響するケースもあります。

例えば、大企業に勤めていたほうが住宅ローンの審査が通りやすいケースもあり、会社の知名度やブランド力も企業選びの際に重要になるといえるでしょう。

また、人によっては無名の中小企業に勤めることにコンプレックスを感じるケースもあり、世間体を気にする人はデメリットに感じやすいでしょう。

ただし、ネームバリューが低くても業績が好調な優良中小企業はたくさんあるため、就職活動をする際は知名度にこだわりすぎないことがおすすめです。

教育制度が整っていない

中小企業では教育制度が整っていないケースが多く、人によってはデメリットに感じるでしょう。

大企業では人材教育にお金や人を費やすことができ、教育に関するノウハウが蓄積されます。

しかし、中小企業では人材教育に十分なコストがかけられないケースが多いため、不安に感じる人も多いでしょう。

ただし、中小企業では大企業よりも早く現場に出る傾向があり、現場で実践的に仕事を覚えることができます。

そのため、主体的に行動ができ実践しながら仕事を覚えたい人は中小企業がおすすめです。

中小企業への就職が向いている人の特徴3選

向いている人の特徴

メリットから見える中小企業に向いている人の特徴は、次の3つです。

・早く成長したい人

・転勤したくない人

・アットホームな雰囲気で働きたい人

上記に該当する人は、特にメリットを感じやすいため中小企業への就職がおすすめです。

早く成長したい人

早く成長したい人は、中小企業に向いています。

中小企業では大企業よりも早く現場に出るケースが多く、様々な業務に携われるので成長しやすい環境といえます。

また、大企業よりも裁量権が大きく自分の意志が反映されやすいため、主体的に行動できる人は中小企業と相性がよいでしょう。

教育制度は大企業が充実していますが、主体性がある人は成長できる環境である中小企業がおすすめです。

転勤したくない人

中小企業は、転勤したくない人におすすめです。

中小企業では大企業よりも転勤する機会が少なく、全く転勤がない会社も多数存在します。

実際に、家庭の事情で転勤が難しくなり大企業から中小企業に転職する人もいるため、転勤の有無は企業選びでは重要といえます。

どうしても転勤できない人は、中小企業も視野に入れましょう。

アットホームな雰囲気で働きたい人

アットホームな職場で働きたい人にも、中小企業は向いているでしょう。

中小企業は社員の距離が近くコミュニケーションが取りやすいため、職場もアットホームな雰囲気である傾向があります。

反対に大企業では出世競争が激しく風通しが良くない傾向があるので、人間関係がシビアになりやすい問題もあります。

アットホームな雰囲気のなかで落ち着いて働きたい人は、中小企業がおすすめです。

大企業に就職するメリット・デメリット

ここでは大企業に就職するメリットとデメリットを紹介します。

中小企業と大企業のメリット・デメリットを確認した上で、どちらが自分に向いているかを判断しましょう。

メリット

大企業に就職するメリットは、次の4つが挙げられます。

・収入が高い

・福利厚生が充実している

・教育体制が整っている

・社会的信用がある

大企業の特徴として資本が大きく、社員数も多い点があげられます。

そのため、給与や福利厚生・教育体制が充実しています。

また、大企業は経営が安定しやすく知名度も高い傾向があるため、社会的信用があるといえます。

デメリット

大企業のデメリットは、次の4つが挙げられます。

・出世競争が激しい

・全国転勤の可能性がある

・風通しがよくない

・意思決定に時間がかかる

大企業にも、メリットだけでなくデメリットがあります。

大企業では人間関係がシビアになりやすく、急に全国転勤を言い渡される可能性があります。

また、会社の風通しがよくなく保守的な傾向があるため意思決定に時間がかかるケースがたくさんあり、人によっては働きづらいと感じるでしょう。

そのため、必ずしも大企業への就職がベストではないことは念頭に置いておきましょう。

優良中小企業の探し方3選

優良中小企業を探す方法は、次の3つです。

・中小企業に強い就職サイト

・エージェントに紹介してもらう

・社員に合って話を聞く

日本には、多くの優良中小企業が存在します。

ぜひ優良中小企業を探して、就職活動を成功させましょう。

中小企業に強い就職サイト

優良中小企業を探す際は、中小企業に強い就職サイトの活用がおすすめです。

中小企業に強い転職サイトを活用することで、優良中小企業を探しやすくなります。

例えば、次のようなサイトがあります。

・キミスカ

・ワンキャリア

・あぐりなび

・キャリタス就活

・あさがくナビ

就活サイトごとに特徴があるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

複数の就活サイトを活用すればさらに優良中小企業に出会いやすくなるため、3つ以上の就活サイトに登録することがおすすめです。

エージェントに紹介してもらう

優良中小企業を探すなら、エージェントに紹介してもらうことも1つの手段です。

エージェントは数ある求人から自分に合った企業を紹介するので、優良中小企業を探しやすいでしょう。

優良中小企業を探したい人は、次の就活エージェントがおすすめです。

・キャリアチケット

・ジョブスプリング

・キャリセン就活エージェント

・ミーツカンパニー

・キャリアパーク就活エージェント

また、エージェントは面接対策や履歴書の添削など就活のサポートもしてくれるため、1人で就職活動を進めることが不安な人はぜひ活用しましょう。

社員に合って話を聞く

優良中小企業を探すなら、企業の社員に合って話を聞くことも重要です。

中小企業の場合部署が少ないため、実際に働いている社員から話を聞けば企業の理念や社風を感じやすくなるでしょう。

そのため、インターンシップや合同説明会などに積極的に参加して社員に質問しましょう。

また、選考途中や面接の段階でも、企業側に質問することがおすすめです。

中小企業と大企業はどっちがいいのか?

中小企業と大企業どっちが良い

中小企業と大企業には、それぞれメリット・デメリットがあるので優劣はつけられません。

なかには、中小企業への就職が恥ずかしいと考える人や大企業でないとダメだと感じる人も多いでしょう。

しかし、就職活動の際は中小企業と大企業を問わず、自分に合った会社を選ぶことが重要です。

企業ごとに事業形態や取り扱う商品・サービス・社風などが異なり、就活の際は幅広い視点で分析する必要があります。

就職活動では企業の規模だけにとらわれず、様々な企業を調べて自分に合った企業を見つけましょう。

就職活動では中小企業にも視野を広げよう!

就職活動では、中小企業にも視野を広げて進めていきましょう。

中小企業には大企業にはないメリットがたくさんあり、人によっては中小企業が向いているでしょう。

中小企業の就職活動を進める際は、中小企業への就職に強いサイトやエージェントの活用がおすすめです。

就職活動を進める際は、中小企業と大企業を比較して自分に合う企業を探していきましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

藤田けんと

27歳千葉県在住のWebライター
これまでに100以上の記事を執筆

得意ジャンル
・転職
・就職
・資格

職歴
証券会社:営業
税理士法人:財務コンサルタント
フリーランスWebライター

-就職・転職