就職・転職

【経理におすすめの資格5選】未経験でも転職・独立でキャリアップ

経理として働いている方がキャリアアップするならば、資格取得をおすすめします。

なぜなら、必要な知識が体系的に身につきスキルアップできるからです。

さらに、将来転職する際や独立をする際に役に立つ資格もあります。

しかし、なかには、

「経理に関係する資格は、何があるのか」

「自分には、どの資格が向いているのか」

など疑問に感じている方もいるでしょう。

そこで本記事では、会計業務に携わった経験がある筆者が、経理職におすすめの資格を紹介します。

どの資格を目指すか悩んでいる方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

経理に資格は必要?なしでもOK!あると有利

経理は会社のお金に関する部門ですが、資格は必須ではありません。

 しかし、資格をもっていることで、体系的に学べるため、就職などでは有利になります。

会社ごとに業務内容は変わりますが、経理は会社のお金に関する仕事のため高い専門性が求められます。

仕事をしながら覚えていくのも大切ですが、あらかじめ資格を取得して体系的に学んでおくとよいでしょう。

資格取得のメリットは2つ

資格取得のメリットは、次の2つです。

・スキルアップできる

・就職・転職しやすい

資格取得により、自身の選択肢を増やせますので、ぜひ確認しておきましょう。

スキルアップできる

資格を取得するメリットは、スキルアップが可能な点です。

資格の学習を進めていくなかで体系的に勉強できるため、しっかりと知識が身につき、難易度の高い仕事も任せられる可能性が出てくるでしょう。

また、経理職が未経験の方でも資格の学習で体系的に学ぶことで、仕事を始めた際に業務の習得スピードが大きく上昇します。

経理は専門性がある仕事なので、事前に資格を取得して体系的に学んでおくとよいでしょう。

就職や転職しやすい

資格を取得することで、経理への就職や転職がしやすくなります。

なぜなら、資格があることで、自分が持っている経理についての知識を客観的に証明できるからです。

実際に、就職や転職の際に、資格の保有を要件としている企業もあります。

また、大手の会計事務所では、税理士の資格や科目合格を条件としているケースがほとんどです。

そのため、経理として就職したりキャリアアップを考えたりするのであれば、資格取得は必須といえるかもしれません。

資格が必須ではない企業もありますが、資格を保有することでプラスの印象を持たれるので、ぜひ取得しておくことをおすすめします。

経理未経験者は日商簿記検定2・3級の資格を取ろうを目指そう!

未経験の方が経理の仕事に就きたい場合は、日商簿記検定の2・3級を目指すとよいでしょう。

日商簿記検定は、経理に関連する資格のなかで最も知名度の高い資格です。

簿記の取得を目指すことで、日々の取引を正しく記帳する力や、資産や負債の増減を確認する知識が身につきます。

企業から評価されるには2級以上の取得がベストですが、初めて学習する方は、まず3級からスタートしてみましょう。 

簿記以外も!経理のキャリアップにおすすめの資格5選

経理のキャリアアップにおすすめの資格は、次の5つです。

・日商簿記検定1級

・建築業計理士

・税理士

・公認会計士

・ファイナンシャルプランナー

なかには難易度の高い資格もありますが、資格を取得すると選択肢が広がるので、積極的に挑戦しましょう。

日商簿記検定1級

日商簿記検定の2級を持っている方や経理として長いキャリアがある人は、日商簿記検定1級を目指してみましょう。

日商簿記検定1級の試験範囲には、商業簿記・工業簿記・原価計算があり、会社の経営分析や経営管理ができる知識が身につきます。

日商簿記検定1級の難易度は合格率が10%前後と、2・3級と比較して合格率がかなり低いのが特徴です。

日商簿記検定1級では、極めて高度な会計の知識が求められ難易度の高い資格ですが、経理としてスキルアップができる資格なので挑戦しましょう。

4建築業経理士

建築業経理士の資格を取得すると、建築業界への就職・転職に役に立ちます。

建築業経理士は、建築業界で必要な財務や経理に関する知識を身につけられる資格です。

試験は1級から4級に分かれており、自分のレベルにあわせて受験ができます。

企業としても、建築業経理士の2級以上を保有している従業員がいれば、公共事業の入札の際に必要な経営事項審査において有利になります。

そのため、建築業界では重宝されるでしょう。

キャリアの幅を広げたい方は、2級以上の取得がおすすめです。

税理士

将来独立を目指すなら、税理士に挑戦してみてはいかがでしょうか。

税理士は、税務相談・税務申告・税務書類の作成ができる国家資格です。

さらに、税務や会計の視点から企業の発展をサポートできるコンサルティング業務もできます。

資格を保有できれば、スキルが高まり転職と独立の両方のキャリアを築くことが可能です。

しかし、税理士は難易度が高い資格なので、資格を目指す方は通信講座や資格学校への通学も検討しましょう。

また、税理士は受験資格が必要なので、事前に確認が必要です。

公認会計士

公認会計士は、会社経営に深くかかわることができ、高収入を得られる資格です。

公認会計士は会計分野の最高峰の資格で転職市場でも評価が高く、さらに税理士業務もできるため、税理士としても独立できます。

自分の可能性を広げたい方は、挑戦してもよいでしょう。

しかし、税理士と同様に公認会計士も難関資格であるため、通信講座や資格学校への通学を検討したほうがよいでしょう。

ファイナンシャルプランナー

会計以外のお金の知識を身につけたい方は、ファイナンシャルプランナーがおすすめです。

ファイナンシャルプランナーは、保険や不動産・相続・住宅ローンなどお金に関して幅広く学ぶことが可能です。

お金の制度は、年々複雑になっており、お金に関する知識をもった人材が求められています。

ファイナンシャルプランナーは、特に金融業界で評価が高い資格のため、金融業界志望の方は取得を目指しましょう。

国際的に活躍するなら米国公認会計士資格がおすすめ

グローバルに働きたい方は、米国公認会計士資格の取得がおすすめです。

米国公認会計士とは米国版の公認会計士で、国際的に知名度が高く外資系企業や海外取引が多い企業では需要が高いといえる資格です。

また、日本だけではなく海外企業の財務部門や会計事務所への転職に役立てるため、取得できれば選択肢が大幅に広がります。

しかし、米国公認会計士は、国際会計基準や米国会計基準など日本と異なる会計基準の知識が必要であり、試験はすべて英語のため高い語学力と専門知識が必要です。

そのため、米国公認会計士の取得は、かなり難しいといえるでしょう。

経理関係の資格の選び方

経理関係の資格についておすすめを見てきましたが、どれを選ぶべきか悩んでいる方もいるかもしれません。

どの資格を取得するべきか選択する際は、次の2つのポイントで考えてみましょう。

・資格取得の目的

・資格の難易度

この2つのポイントを押さえて、ぜひ自分に合った資格に挑戦してみてください。

資格取得の目的で選ぶ

資格を選ぶ際には、目的に応じて選ぶのがおすすめです。

なぜなら、転職や独立など、自分が成し遂げたい目的によって取得する資格が変わってくる可能性があるからです。

例えば、独立したいと考えている方は、税理士や公認会計士が選択肢に入ります。

一方で、未経験から経理職に就職したい方であれば、簿記2・3級が向いているでしょう。

資格を取得する際に大事なことは、目的意識を持つことです。

目的を持っていないと途中挫折したり、取得したあとに資格を活かせなかったりします。

そのため、まず何のために資格を取得するのかを明確にしてみましょう。 

資格の難易度で選ぶ

資格選びでは、自分のレベルにあった資格を目指すのもおすすめです。

というのも、無理なく勉強ができるため、継続しやすくなるからです。

例えば、これまでに会計を勉強したことがなく、経理未経験の方がいきなり簿記1級や税理士の勉強を始めるのは難易度的におすすめできません。

初心者であれば、簿記3級から始めて徐々にステップアップしていくのが現実的といえます。

経理資格の勉強方法は3つ

経理資格の勉強方法は、次の3つです。

・独学

・資格学校に通学

・通信講座を受講する

勉強方法は人によって相性があるので、自分に合ったやり方を実践しましょう。

独学

まず初めに、テキストを購入して自分で勉強する独学があります。

自分のペースで勉強でき、時間の融通も利きやすいのが魅力です。

また、基本的にかかる費用はテキスト代のみなので、費用を抑えたい方にも適しています。

ただし、税理士や公認会計士などの難易度の高い資格は、独学ではかなり厳しいでしょう。

なかには、独学で資格取得を目指している方もいますが、独学では時間がかかるので、資格学校に通うか通信講座の受講がおすすめです。

通学

資格の難易度が高い場合には、資格学校に通学する方法があります。

資格学校とは、例えば「資格の大原」や「資格の学校TAC」などです。

資格学校では、直接講師が教えてくれるので、理解度が高まりやすくなるでしょう。

さらに、講師は資格の受験経験者であり、資格を知り尽くしたプロであるため、学習のポイントや試験の攻略方法についても把握できます。

そのため、独学よりも資格学校に通学するほうが合格に近づきやすいでしょう。

ただし、通学はかなりの費用がかかる上に、授業の日時も決まっています。

まとまった資金を用意したり、学校に合わせて時間を確保したりすることが必要です。

通信講座

時間を作るのが難しいけれど、プロから教わりたい方は通信講座を検討してもいいでしょう。

通信講座はスマホやタブレットなどを使用して、オンラインで勉強する方法です。

通学同様に、資格のプロが講義を行うので効率的に勉強ができます。

通信講座はというと、例えば「スタディング」や「キャリカレ」などがあります。

通信講座のメリットは、時間と場所にとらわれずに勉強できる点です。

そのため、毎日の通勤時間や休み時間などの空いた隙間で勉強できます。

通信講座は資格学校と比較した際に費用が抑えられ、隙間時間を使って短い時間で合格できる可能性があるといえますね。 

経理資格の取得で選択肢を広げようまとめ

経理の仕事に必ずしも資格は不要ですが、取得することでスキルアップができ、転職や独立につながることもあります。

筆者も当初未経験でしたが、日商簿記検定2・3級を取得することで会計業務ができる会社に転職できました。

経理に関する資格は日商簿記検定以外にもたくさんあるので、自身の目的や資格の難易度に合わせて取得を目指してくださいね。

  • この記事を書いた人
アバター

藤田けんと

27歳千葉県在住のWebライター
これまでに100以上の記事を執筆

得意ジャンル
・転職
・就職
・資格

職歴
証券会社:営業
税理士法人:財務コンサルタント
フリーランスWebライター

-就職・転職