就職・転職

会計事務所は未経験でも転職できる!年齢別の採用やポイントを徹底解説

会計事務所への転職は、未経験からでも可能です。

記帳代行などの簡単な業務から経営コンサルティングなど幅広い業務があり、興味がある人はぜひチャレンジしましょう。

しかし、なかには、

「会計事務所での転職に資格は必要なのか」

「どんな人が会計事務所に向いているのか」

「30代でも会計事務所に転職できるのか」

などの疑問をもっている人も多くいます。

そこで、本記事では、未経験で会計事務所に転職する際のポイントと年代別の採用状況について解説します。

会計事務所の仕事に興味がある人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

 未経験から会計事務所に転職できるか

未経験から会計事務所への転職は、可能といえます。

会計業界でも人手不足が深刻な問題となっており、税理士試験の受験者数も年々減っている現状があるため、未経験者や税理士資格を保有していなくても採用するケースがあります。

特に規模の大きい会計事務所では、定期的に採用活動をしておりチャンスがあります。

そのため、未経験だからといって会計事務所への転職を諦める必要はありません。

しかし、会計事務所での仕事内容は専門性が高く、スキルや経験が求められるのも事実です。

未経験の人は、入念に対策して転職活動を成功させましょう。

未経験でもできる?会計事務所の仕事内容

会計事務所の基本的な仕事内容は、次の通りです。

・記帳代行

・決算業務

・税務申告

未経験で採用された場合は、記帳代行や給与計算などからスタートします。

経験を積めば税理士の資格がなくても法人の担当をするケースがあり、決算業務や税務申告など1人で行えるでしょう。

また、会計事務所では上記以外にも様々な業務があり、補助金や融資のサポート・年末調整などもします。

なかには、経営コンサルティングやM&A支援など付加価値の高いサービスを提供している会計事務所もあるため、意欲が高い人は経験を積んだのちに挑戦しましょう。

未経験で会計事務所に転職する3つのポイント

未経験で会計事務所へ転職する際のポイントは、次の3つです。

・簿記2級以上を取得する

・未経験者の採用実績があるか

・転職エージェントを活用する

未経験でもポイントを押さえることで会計事務所への転職がしやすくなるため、1つずつ確認していきましょう。

簿記2級以上を取得する

未経験から会計事務所に転職する際は、事前に簿記2級を取得することがおすすめです。

なかには、資格が不問の求人も多くありますが、簿記2級を取得すると応募できる求人が増え会計事務所への転職が有利になります。

また、簿記2級で学習した内容は、会計事務所での仕事ですぐに活かせます。

簿記2級を取得すれば、会計事務所側へ意欲をアピールできるのでぜひ取得しておきましょう。

未経験者の採用実績があるか

転職活動をする際は、未経験者の採用実績がある会計事務所を探しましょう。

未経験採用の実績がある会計事務所のほうが、資格がなくても転職がしやすくなります。

一方で、実務経験が必須の求人もあり、未経験者だと書類審査すら通らず必要以上に労力を使います。

自分が希望している会計事務所が未経験者の採用をしているか、事前に調べておくとよいでしょう。

転職エージェントを活用する

未経験から会計事務所へ転職する際は、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントを活用すれば、未経験から転職できる会計事務所を紹介してくれるため、自分で探す手間が省けます。

また、面接対策や履歴書の添削など転職全般をサポートしてくれるので、転職の成功率が高くなるでしょう。

さらに、会計事務所の雰囲気など内部についても事前に知ることができ、入社後のミスマッチを防げます。

なかには、会計業界に特化している転職エージェントがあり、会計事務所の情報も手に入手しやすくなります。

会計事務所へ転職を決めたら、転職エージェントに登録しましょう。

会計事務所の年齢別採用状況

同じ未経験でも、年齢によって採用の可能性は大きく違います。

会計事務所では20〜35歳が目安とされており、若いほど有利といえます。

また、40代の場合は、関連する経験やスキルがない場合は困難です。

20代未経験者

20代の場合、未経験でも採用される可能性は高いといえます。

20代は、ポテンシャルを評価されるケースが多く、対策をしっかりすることで未経験でも会計事務所に転職できます。

筆者は20代未経験で会計事務所に転職しましたが、そのときは業界研究と会計事務所別の研究を入念に行いました。

さらに、本格的に転職活動をする前に簿記2級を取得し、スキルの保有と意欲が高いことをアピールして転職に成功しました。

30代未経験者

30代の場合も未経験での採用の可能性はありますが、その際は長く働けるかが判断のポイントです。

筆者が勤めていた会計事務所でも30代で入社する人が多くいましたが、結婚して家族がいる人が多い印象です。家族のために安定して働きたい求職者と、長期間在籍してほしい採用側の意見がマッチしたと考えられます。

30代の人は志望動機を明確にして将来のキャリアビジョンを伝えることで、採用されやすくなります。まずは情報集を入念に行い、しっかりと志望動機を作り上げていきましょう。

40代未経験者

40代の場合、未経験での採用はかなり難しいでしょう。

会計事務所では未経験の場合、20〜35歳までが目安とされており完全未経験の場合は困難です。

40代で採用されるケースとしては、銀行や事業会社の経理など関連性の高い業務に携わっていた経験がある場合がほとんどです。

完全未経験で会計事務所に転職したい人は、転職エージェントを活用して相談しましょう。

また、40代未経験の人は、年上の所長がいる会計事務所がおすすめです。20〜30代の若い所長の場合、未経験で年上採用に抵抗を感じる人もいるため、40代以上の所長がいる会計事務所が採用されやすいでしょう。

会計事務所に未経験で転職する際の志望動機の書き方

志望動機を作成する場合は、次の2点を意識しましょう。

・会計事務所に魅力を感じた点

・志望する会計事務所を選んだ理由

採用側は、未経験者を雇う場合、会計事務所の仕事内容を理解しているかが気になります。

そのため、仕事内容や業界全体のことを理解する必要があります。

仕事内容と業界全体を研究したうえで、会計事務所での仕事に魅力を感じた点を記載すると意欲が伝わりやすいでしょう。

また、志望する会計事務所の特徴や強みを調べる必要があります。

特徴や強みを理解して「なぜこの会計事務所なのか」を志望動機に書くことによって、採用する側へ好印象を与えるでしょう。

志望する会計事務所の特徴や強みを踏まえて自分の経験やスキルが活かせることを伝えれば、大きなアピールができます。

未経験で会計事務所なら!簿記2級以外のおすすめの資格

簿記2級以外では、次の資格がおすすめです。

・簿記3級

・ファイナンシャルプランナー

・MOS

会計事務所の転職では、簿記2級以上や税理士試験の科目合格が望ましいですが、ほかの資格でも採用時のアピール材料になります。

また、資格取得を目指すことで自身のスキルアップにもつながるため、転職前に取得しておくとよいでしょう。

簿記3級

簿記を取得していない人は、3級から始めることがおすすめです。

簿記2級以上を要件としている会計事務所が多いですが、簿記の学習が初めての人は3級でも転職で有利になる場合もあるため取得しておきましょう。

また、3級の内容は簿記の基本的な部分ですが、実務でも役に立ち、資格不問でも勉強して損はありません。

初心者の場合、最初に簿記3級で基礎を身につけ、そこから2級を目指すとよいでしょう。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの知識も、会計事務所での仕事では役に立ちます。

相続や事業承継・不動産・保険など幅広く学ぶことができ、これらの知識は会計事務所でも役に立ちます。

すでに、簿記2級を取得している人は、ファイナンシャルプランナーに挑戦するとよいでしょう。

MOS

会計事務所では試算表の作成や売上の集計など、様々な業務でパソコンスキルが必要です。

MOSはExcelやWordなど基本的なパソコンスキルが身につくため、会計事務所の業務で苦戦することはないでしょう。

パソコン操作が苦手な人は、MOSの学習でスキルアップを目指しましょう。

筆者は会計事務所に転職した当社、パソコン操作を身につけることに苦労しました。

未経験でも会計事務所に向いている人の特徴3選

計算能力やコミュニケーション能力が高い人は、未経験でも会計事務所で活躍しやすいでしょう。

また、会計事務所では高い専門性が求められるため、向上心の高い人や勉強が好きな人に向いています。

計算が得意な人

会計事務所では決算報告書の作成や記帳代行など計算する機会が多く、計算が得意な人は仕事で有利です。

会計ソフトやExcelなどパソコン上でも計算できますが、最終的には自分でチェックする必要があり計算能力は必要です。

このときに、電卓を素早く操作できるとさらに有利になります。

会計事務所では請求書や領収書・財務諸表・帳簿など数字がメインの資料を多く取り扱うため、数字に強い人が向いているといえます。

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力が高い人は、会計事務所でも活躍できるでしょう。

会計事務所では経営者や経理担当者とやり取りする機会も多くあるため、コミュニケーション能力が求められます。

特に、経営支援業務をしている人は、経営者を相手にコンサルティングをする必要があり、高いコミュニケーション能力が必要です。

銀行や証券会社などで営業を経験している人は、未経験でも採用されやすい傾向があります。

勉強が好きな人

会計事務所では高い専門性が求められるため、勉強が好きな人に向いています。

税法は定期的に改定され、知識のアップデートが欠かせません。

さらに、会計事務所によってはM&A支援や経営コンサルティングなど付加価値の高いサービスを提供しており、挑戦したい人はさらに勉強する必要があります。

自身の専門性を磨いていきたい人は、ぜひ会計事務所にチャレンジしてください。

未経験でも転職できる会計事務所の探し方

会計事務所の探し方は、上述した転職エージェント以外にも次の3つがあります。

・ハローワーク

・転職サイト

・直接応募

転職エージェントから未経験の求人を紹介してもらえますが、必ずしも自分に合う会計事務所とは限りません。

自分に合う会計事務所を探すには、積極的に行動することがおすすめです。

ハローワーク

未経験採用をしている会計事務所を探す方法として、ハローワークの利用があります。

ハローワークでは無料で求人が掲載ができ、活用している会計事務所も多くあります。

特に首都圏以外の会計事務所ではハローワークが中心になるケースがあるため、地方で会計事務所を探す際はハローワークを活用してもよいでしょう。

転職サイト

会計事務所を探す方法として、転職サイトの活用もおすすめです。

転職サイトでは検索機能が使えるため、未経験採用をしている会計事務所を探しやすいでしょう。

なかには会計業界専門の転職サイトもあるので、ぜひ活用しましょう。

筆者は、転職エージェントと転職サイトの両方を使って会計事務所を探していました。

両方使うことで、未経験採用を実施している会計事務所を探しやすくなるのでおすすめです。

直接応募

会計事務所に未経験を採用しているか直接聞いてみることも、ひとつの手段です。

インターネットで調べて気になる会計事務所があれば、未経験を採用しているか電話などで直接聞いてもよいでしょう。

なかには採用ページを作成している会計事務所もありますので、問い合わせフォームからメッセージを送って確認してみましょう。

未経験でも会計事務所に挑戦しよう!

未経験でも、会計事務所への転職はできます。

特に20〜35歳であれば、採用の可能性が高まるでしょう。

また、未経験者の場合は簿記2級などの資格を保有している場合は、採用側にアピールできるため転職活動前に取得することがおすすめです。

もし、転職活動に不安がある場合は、会計事務所に特化した転職エージェントを活用して入念に対策を行いましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

藤田けんと

27歳千葉県在住のWebライター
これまでに100以上の記事を執筆

得意ジャンル
・転職
・就職
・資格

職歴
証券会社:営業
税理士法人:財務コンサルタント
フリーランスWebライター

-就職・転職