起業・副業

個人事業主は会計ソフトを導入するべき!おすすめの会計ソフトについて徹底解説

個人事業主は、会計ソフトを導入することがおすすめです。

会計ソフトを導入することで、

「簿記の知識がなくても仕訳ができる」

「時間が短縮できる」

「法改正に対応できる」

などのメリットがあります。

しかし、普段から経理業務に携わっていない方や初心者だと、メリットを理解している方も少なく、どの会計ソフトを選べばいいのかわからない方も多くいます。

都内の会計事務所に勤務しており、実際に会計ソフトを操作している筆者が、会計ソフトを導入するメリットとおすすめのソフトについて詳しく解説します。

本記事を読めば、個人事業主や初心者の方が会計ソフトを導入するべきか、どの会計ソフトを選ぶべきか分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

個人事業主が会計ソフトを導入するメリット3選

まず、個人事業主が会計ソフトを導入するメリットを解説します。

会計ソフトを導入するかどうか悩んでいる方はぜひ、参考にしてください。

メリット1.簿記の知識がなくても会計処理ができる

会計ソフト導入の大きなメリットは、簿記の知識がなくても会計処理ができる点です。

初めての方であれば、確定申告や複式簿記について難しいと感じる方も多くいます。

しかし、会計ソフトには仕訳入力などを補助する仕組みがあり、簿記の知識がなくても簡単に会計処理ができます。

会計書類を手書きで作成する場合、ある程度の会計の知識が必要ですが、本業に集中したい個人事業主が仕事の片手間に簿記や会計を勉強することはとても大変です。

また、意外なことに、ベテランの経営者でも、簿記や会計について苦手意識を持っている方は少なくありません。

本業に集中するためにも、会計ソフトの導入は必要と言えます。

メリット2.時間が大幅に短縮できる

会計ソフトを導入すると、会計業務が効率化して時間を大幅に短縮できます。

例えば、会計ソフトには銀行とクレジットカードと連携できる機能があり、自動で仕訳を入力する仕組みがあります。

あらかじめ設定しておけば、口座の入出金履歴やクレジットカードの使用履歴から自動で読み込み、入力されるので、事業主自身での手入力を省くことが可能です。

また、会計ソフトの導入と同時にオンラインバンクの開設をおすすめします。

一昔前までは銀行に行き通帳に記帳し、そこから会計ソフトへの入力、もしくは書類であれば手書きでした。

オンラインバンクを利用すれば、銀行に行かずに残高や入出金の履歴が確認できます。さらに、会計ソフトへ自動入力が可能なので、移動時間を含めて大幅に時間短縮ができます。

メリット3.法改正も自動で対応できる

個人が法改正に対応するのは困難ですが、会計ソフトであれば法改正に従って自動でアップデートできます。

税務に関しては毎年のように法改正があり、申告書についても様式が変わることが多くあります。

そのため、確定申告をする際には仕訳だけではなく法改正への対応も必要です。

また、2023年10月からインボイス制度が導入され、免税事業者から課税事業者に切り替えた個人事業主は、請求書の発行や消費税の申告書への対応も急務になります。

会計ソフトを導入すれば、請求書をミスなく発行でき、消費税の確定申告書類の作成が可能です。そのため、税務に慣れていない方は会計ソフトを利用したほうが無難です。

インストール型とクラウド型の違い

会計ソフトを導入する前に、インストール型とクラウド型の違いを理解する必要があります。

インストール型は、オフラインで使用できるなどのメリットがある一方、バージョンアップへの対応が必要などのデメリットもあります。

他方で、クラウド型は、パソコンだけでなくスマホやタブレットでも使えたり、自動入力のシステムが備わっていたりと、利便性が高いのが特徴です。

インストール型の会計ソフト

インストール型の会計ソフトは、パソコンにソフトを取り込んで使用するタイプの会計ソフトです。

そのため、オフラインでも使用ができ、動作が安定しているメリットがあります。

しかし、バージョンアップの対応が必要であったり、利用できるパソコンに制限があったりします。

バージョンアップは法改正にともなってする必要がありますが、ユーザーが使用している端末ごとにバージョンアップが必要です。

なお、バージョンアップをしていなくても会計ソフトは使用可能ですが、法改正に対応できていないので業務に支障がでる可能性があります。

また、インストール型でMacに対応している会計ソフトは少なく、ほとんどがWindowsなので、導入前に確認したほうがいいでしょう。

クラウド型の会計ソフト

クラウド型の会計ソフトは、インターネットが使えればいつでもどこでも会計ソフトを使用できます。

また、クラウド型の会計ソフトはパソコンのみならず、スマートフォンやタブレットでも使用できることが特徴です。

インストール型の会計ソフトは、ほとんどの場合、手入力する必要がありますが、クラウド型の場合、銀行口座やクレジットカードのデータを自動で取得して自動で入力できる機能が備わっています。

クラウド型の会計ソフトは利便性が高いので、個人事業主の利用が増えている特徴があり、インストール型の会計ソフトからクラウド型の会計ソフトに移行している方も今後、増えると予想されています。

過去に筆者が担当した個人事業主のお客様も、クラウド型の会計ソフトを使用している方が多いと感じます。

個人事業主や初心者におすすめの会計ソフト3選

個人事業主や初心者におすすめの会計ソフトを3つ紹介します。

  • やよいの青色申告オンライン
  • マネーフォワードクラウド確定申告
  • Free

それぞれ、使いやすい特徴を解説していきましょう。

やよいの青色申告オンライン

やよい青色申告オンラインは個人事業主や初心者におすすめの会計ソフトです。

やよい青色申告オンラインとは、業界大手の株式会社弥生会計が運営している会計ソフトで、会計や簿記の知識が少なくても、青色申告に必要な書類が作成できます。

領収書やレシートをスキャンまたは、撮影することで自動仕訳が可能です。

そのため、会計や簿記の知識が少ない方でも使いやすいでしょう。

また、最大の特徴は初年度が1年間無料で使用できる点です。初年度無料なので競合他社の会計ソフトと比較しても導入しやすいといえます。

やよい青色申告オンライン会計や簿記の知識が少なく、開業時に初期費用を抑えたいと考えている個人事業主におすすめです。

マネーフォワードクラウド確定申告

マネーフォワードクラウド確定申告も個人事業主に人気の高い会計ソフトです。

マネーフォワードクラウドとは株式会社マネーフォワードが提供している会計ソフトで業界シェア2を誇ります。

特徴は人口知能・機械学習AIがビッグデータから勘定科目の提案をしてくれる機能があり、使う頻度が増えるほど、自動入力・仕訳の精度が高くなる点です。

そのため、取引数が多いほど有効なソフトといえます。

また、マネーフォワードクラウドでは自動仕訳の機能以外にも勤怠・給与・マイナンバー・経費・他の請求書の作成などバックオフィスの機能が充実しています。

従業員を雇ったり、取引回数が多かったりする事業ではマネーフォワードクラウドを導入するといいでしょう。

freee

freeeは会計や簿記の知識がない方に特におすすめのソフトです。

freeeとは株式会社freeeが提供している会計ソフトで、個人事業主から高い人気があります。

freeeの特徴は、確定申告の作成が〇×形式で簡単な質問に答えるだけで確定申告の書類が作成できる点です。

自動仕訳ができ、専門用語が少なく、画面操作もしやすいので、簿記や会計の知識が少ない初心者に向いているソフトといえるでしょう。

また、freeeはレポート機能に優れていて、キャッシュフローや損益の確認がしやすいのも特徴といえます。

そのため、経営の分析をしたい方にもおすすめです。

会計や簿記が苦手な方は、freeを使うことで経理業務の負担がかなり削減できるでしょう。

個人事業主や初心者が会計ソフトを選ぶとき時の2つのポイント

会計ソフトを選ぶときのポイントは、次の2つです。

  • 自分にとって使いやすいかどうか
  • 金融機関やクレジットカードと連携できるか

会計ソフトは、とにかく利便性の高さを重視して選ぶのが鉄則です。それぞれ詳しく解説していきます。

ポイント1.自分にとって使いやすいかどうか

会計ソフトを選ぶ際は、自分にとって使いやすいかどうかが、会計業務の効率化を図るうえで非常に重要です。

会計ソフトの操作が上手くできないと時間がかかり、逆に効率が下がります。

例えば、経理の経験がある方と経理初心者では、向いている会計ソフトが変わってきます。

自分に合う会計ソフトを選ぶことができれば、会計入力がスムーズになるでしょう。 

また、簿記の知識がない初心者の場合は、初心者でも使いやすいという観点で会計ソフトを選ぶと、自分に合う会計ソフトを見つけられます。

初心者は、自動で入力する機能や入力を補助する機能がある会計ソフトを選びましょう。

ポイント2.金融機関やクレジットカードと連携できるか

会計ソフトを選ぶときは、作業を効率化するために金融機関やクレジットカードと連携ができるソフトを選びましょう。

取引の都度、銀行へ行って通帳に記帳をして、会計ソフトに手入力していたのでは、かなり時間がかかります。

金融機関やクレジットカードと連携できれば、自動で会計ソフトへの入力が可能になり、大幅な時間短縮につながるでしょう。

なお、連携には、自分が事業用に使っている金融機関やクレジットカードが、会計ソフトに対応している必要があります。

導入した会計ソフトが金融機関と連携できなければ、すべて手入力の必要がありますので、導入前に確認をしましょう。

個人事業主は会計ソフトで業務効率化を図ろう

個人事業主は、会計ソフトを導入するべきです。

特に、経理作業が苦手な方や初心者は、導入の検討を強くおすすめします。

会計ソフトを導入すれば、経理業務の効率化ができ、法改正への対応など本業で忙しい個人事業主でもスムーズに対応可能です。

また、簿記の知識がなくても自動で入力する機能や入力を補助できる機能があるので、安心して使えます。

特にクラウド型の会計ソフトであれば、自動入力だけではなく、デバイスをと問わず使用することができるのでインストール型と比較して利便性に優れているでしょう。

会計ソフトは個人事業主にとって強い味方になるので、ぜひ検討してみてください。

  • この記事を書いた人
アバター

藤田けんと

27歳千葉県在住のWebライター
これまでに100以上の記事を執筆

得意ジャンル
・転職
・就職
・資格

職歴
証券会社:営業
税理士法人:財務コンサルタント
フリーランスWebライター

-起業・副業