就職・転職

なぜ銀行への就職はやめとけといわれるのか?仕事内容や理由を解説

銀行は、学生からの人気が高い就職先の1つです。

特にメガバンクの三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行に、憧れを抱く人も少なくないでしょう。

しかし、「銀行への就職はやめとけ」といわれるケースもあり、不安に感じている人もいます。

そこで、本記事では銀行への就職をやめとけといわれる理由について解説します。

銀行への就職を検討している人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

銀行の仕事内容と種類

初めに、銀行の仕事内容と種類について解説します。

銀行への就職に興味がある人は、事前に確認しましょう。

仕事内容

銀行のメイン業務は、次の3つです。

  • 融資
  • 預金
  • 為替

銀行の基本的な業務は上記の3つですが現代では業務内容が多様化しており、投資信託の販売やカードローン・相続サポートなども含まれます。

また、個人や法人の営業の他にも、窓口の受付や経理・採用・システムなどの業務もあります。

銀行へ就職を検討している人は、仕事内容を確認しましょう。

銀行の種類

銀行には、下記の種類があります。

  • 日本銀行
  • ゆうちょ銀行
  • メガバンク
  • 地方銀行
  • 信託銀行
  • 信用金庫
  • ネット銀行

銀行と一言でいっても、それぞれ展開している地域や顧客などが異なります。

場合によっては、銀行ごとに仕事内容が異なるケースもあるでしょう。

銀行への就職を考えている人は、銀行ごとの違いを確認することがおすすめです。

銀行への就職をやめとけいわれる理由とは

銀行への就職をやめとけといわれる理由は、次の5つです。

  • 将来性が低い
  • 人員削減を行っている
  • 転勤が多い
  • 資格勉強が必要
  • ノルマが厳しい

銀行は人気の高い就職先とされていましたが、就職をやめとけともいわれています。

銀行への就職をやめとけといわれる理由を確認しましょう。

将来性が低い

銀行への就職をやめとけといわれる大きな理由は、将来性が低いと考えられているからです。

今の時代は、インターネットで銀行口座の開設が可能で、銀行窓口にいかなくてもお金を引き出せたり支払いが完了できたりします。

さらに、投資信託などの金融商品もネット取引が可能で、手数料がかからないメリットがあります。

また、融資でも借り手が減少しており、銀行の経営指標の1つである預貸率の低下傾向にあります。

銀行の将来性が見通せないため、銀行への就職をやめとけといわれるケースもあるでしょう。

人員削減を行っている

人員削減も銀行への就職をやめとけといわれる理由の1つでしょう。

上述した通り銀行は個人や法人の取引でも減少傾向があり、経営が難しくなっている状況です。

実際にメガバンクでも人員削減の方針を発表しており、今後は採用枠も縮小されると考えられます。

さらに、今後はAIが人に代わって銀行業務の一部を実施する可能性が高いため、仕事をAIにとられる不安から銀行への就職をやめとけといわれるでしょう。

転勤が多い

銀行では2〜3年に一度、他の支店への異動があり、転勤の多さから銀行を進めない人も少なくないでしょう。

特に、メガバンクは日本各地に支店を展開しているため全国転勤の可能性が高く、銀行に勤めている限り転勤は避けられません。

独身であれば気軽に引っ越しができるかもしれませんが、結婚している場合は家族に大きな負担がかかります。

転勤をしない働き方を望む人は、他の業界を検討しましょう。

資格勉強が必要

銀行では資格の勉強が多いとされており、金融商品や保険商品の販売に必要な証券外務員や保険募集人の資格が求められます。

また、他にもFPや簿記・宅建など資格取得が推奨されており、仕事終わりや土日も勉強しなければなりません。

そのため、勉強嫌いな人やプライベートの時間が削られる点を嫌に感じる人は銀行への就職をやめとけといわれるでしょう。

ノルマが厳しい

ノルマが厳しいイメージから、銀行を避ける人もいるでしょう。

実際に銀行の業務は、ノルマが厳しくプレッシャーがかかる仕事です。

特に、銀行は業界全体が縮小傾向にあり、ノルマを達成することは簡単ではないでしょう。

また、銀行では出世競争が激しく、常に競争に対するプレッシャーがあります。

場合によっては、精神的につらくなって体調を崩す人や辞めていく人もいるため、銀行をやめとけといわれるでしょう。

なぜ銀行への就職が人気なのか

銀行への就職が人気の理由は、次の3つです。

  • 世間体がよい
  • 給与が高く安定している
  • 専門性が身につく

銀行への就職はやめとけという意見もありますが、それでも銀行は人気の高い業種の1つです。

銀行の就職人気が高い理由を見ていきましょう。

世間体がよい

世間体がよいと考えられている点が、銀行への就職が高い理由でしょう。

銀行は誰もが知っている業界であり、求められる専門性の高さから銀行へ就職すること事態がすごいと考えられているでしょう。

特に高度経済成長期ではビジネスの主役を銀行が担っており、長らく銀行への就職が支持されていました。

また、銀行はメガバンクだけでなく、地方銀行も地元では知名度の高い企業の1つです。

そのため、世間体や知名度で会社を選ぶ人は銀行を希望していると考えられるでしょう。

給与が高く安定している

給料の高さで企業を選ぶ人からも、銀行は人気が高いといえます。

実際にメガバンクに就職すれば年収1,000万円を目指せるため、高給与を求める人に人気が高いと考えられるでしょう。

また、銀行の将来性がないと言われますが、他の業種と比べると倒産する事例が少なく安定していると考える人もいます。

給与と安定性の面から、銀行を志望する人がいると考えられます。

専門性が身につく

専門性が身につく点を魅力に感じて、銀行を志望する人もいます。

銀行では金融に関する専門知識が必要であり、常に学ぶ姿勢が求められます。

場合によっては、仕事終わりや土日にも勉強しなければなりません。

しかし、銀行での仕事や資格取得を通じて金融の知識が身につき、自身の専門性を高められます。

自身の専門性が高まれば、転職やキャリアアップなども期待できるでしょう。

人によっては勉強量の多さが嫌で銀行を避ける可能性がありますが、成長意欲の高い人は銀行への就職を検討していると考えられます。

銀行に就職するメリット3選

銀行へ就職するメリットは、次の3つです。

  • 営業力が身につく
  • 金融のプロになれる
  • 社会的信用が高い

銀行では、様々な知識やスキルが身につきます。

そのため、転職やキャリアアップでも有利になるでしょう。

営業力が身につく

営業力が身につく点は、銀行に就職する大きなメリットです。

銀行では高い数値目標が設定されるため、コミュニケーション能力や論理的思考力など様々なスキルを身につけなければなりません。

もちろん本人の努力や工夫が必要ですが、銀行で働くことで営業力が高められるでしょう。

また、銀行で培った営業力は他業種でも活かせるので、転職でも有利です。

なかには、銀行よりも待遇のよい業界もあり、年収アップも期待できるでしょう。

金融のプロになれる

金融のプロを目指せる点も、銀行へ就職するメリットの1つです。

銀行では企業の決算報告書や有価証券報告などから企業を分析するため、日々の業務を通じて数字に強くなれるでしょう。

また、銀行で働く上では資格取得が求められ、資格取得を通じて金融の知識が身につきます。

金融の知識を持った人材は金融業界のみならず、他業種の経理や財務部門などでも求められます。

そのため、上述した営業力にプラスして金融の知識を身につけることで様々なキャリアパスが期待できるでしょう。

社会的信用が高い

社会的信用が高い点を魅力に感じて、銀行に就職する人も少なくありません。

銀行は将来性が少ないと言われがちですが、それでも一般企業より安定しており、社会的信用は高いとされています。

社会的な信用が高ければ、自分が物件を借りる際や住宅ローンなどの審査も通過しやすいメリットもあります。

特にみずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行は誰もが知る銀行なので、そこで働くことがステータスになったり高給与が実現できたりするメリットがあります。

社会的信用が高い業界で働きたい人は、銀行を検討してもよいでしょう。

向いている人の4つの特徴

銀行に向いている人の特徴は、次の4つです。

  • コミュニケーションに自信がある人
  • プレッシャーに強い人
  • 数字に強い人
  • 自身の専門性を高めたい人

銀行に興味があるけれど、自分に向いているか不安に感じる人は少なくありません。

ここでは、銀行に向いている人の特徴を見ていきましょう。

コミュニケーションに自信がある人

コミュニケーション能力は、銀行員に求められるスキルの1つです。

銀行では、個人から法人まで対応しており、適切なコミュニケーションが必要です。

特に、法人の場合は経営者を相手にするため、その場にふさわしい発言をしたり説得力のある対応をしたりすることが求められます。

コミュニケーション能力が高ければ、営業で成果を出しやすく社内でも良好な人間関係を築けるので出世にもつなげやすいでしょう。

そのため、コミュニケーション能力が高い人は銀行への就職が向いているといえます。

プレッシャーに強い人

プレッシャーに強い人は、銀行への就職に向いているといえるでしょう。

銀行では高い営業目標が掲げられており、常にプレッシャーがかかる状況で仕事をしなければなりません。

営業成績によっては上司に怒られるケースもあり、ショックを受けやすい人は向いているとはいえないでしょう。

気持ちの切り替えが早い人や怒られることに慣れている人は、銀行に向いていると考えられます。

数字に強い人

数字に強い人も、銀行に向いているといえます。

銀行では様々な企業の財務諸表や有価証券報告書を読んで企業を分析する必要があり、数字に強い人は有利に仕事を進められるでしょう。

特に、ビジネスでは数字を使って説明するケースが多いため、数字に強く会計や金融の知識が身につけば他の業界でも活かせます。

現時点で数字に対して苦手意識を持っている人は、日商簿記検定3級を取得して会計の基礎知識を身につけることがおすすめです。

銀行員は金融だけでなく様々なビジネスの知識が求められるので、成長意欲の高い人に向いているといえます。

自身の専門性を高めたい人

自身の専門性を高めたい人は、銀行がおすすめです。

銀行の業務は金融に関する高い専門性が求められ、日々の業務を通じて自身の専門性を高められるでしょう。

さらに、銀行では資格取得が必須であるため、終業後や休日でも勉強しなければならないケースもあります。

金融に関する専門性を高められれば転職やキャリアアップにつながり、自身の選択肢を広げられるでしょう。

銀行の就職難易度

銀行の就職難易度は、他の業界と比較して高いとされています。

銀行の就職難易度が高い理由は、下記の3つです。

  • 希望する学生が多い
  • 採用数が減っている
  • 志望する学生が優秀

銀行の採用数は減っていますが、銀行を希望する学生も多く倍率は高くなりやすいでしょう。

特にメガバンクは知名度が高く人気もあるので、就職難易度が高まります。

さらに、銀行を志望する学生は高学歴であるケースが多く、優秀な学生と競争しなければなりません。

銀行への就職を考えている人は、業界研究を行い志望動機やエントリーシート作成・面接などしっかり対策を進めましょう。

銀行以外の業界も検討することがおすすめ

就職活動では、銀行のみならず幅広い業界を検討することがおすすめです。

就職活動の軸は人によって異なりますが、自分の軸にあった業界が必ずしも銀行だけとは限りません。

例えば、営業職で高給与を求める人であれば、不動産や保険・自動車業界などの営業もおすすめです。

また、知名度や安定性で選びたい方であれば、トヨタ自動車・ソフトバンク・伊藤忠商事など他業種の有名企業も選択肢に入れるとよいでしょう。

就職活動を成功させたい場合は自分の軸を大切にしながら、様々な業界を見て検討しましょう。

銀行業界は縮小傾向だがメリットもある

銀行への就職は、様々な要因からやめとけといわれるケースがあります。

特に、近年は業界全体が縮小傾向にあり、人員削減の面から銀行への就職を不安に感じる人もいるでしょう。

しかし、銀行では高い専門性が身につき成長できるなどメリットも存在します。

銀行への就職はメリット・デメリットがあるため自分と相性が合うかを考えながら検討しましょう。

銀行以外にも様々な業界があるので、就職活動を進める際は他の業界などもあわせて確認することがおすすめです。

  • この記事を書いた人
アバター

藤田けんと

27歳千葉県在住のWebライター
これまでに100以上の記事を執筆

得意ジャンル
・転職
・就職
・資格

職歴
証券会社:営業
税理士法人:財務コンサルタント
フリーランスWebライター

-就職・転職