就職・転職

【営業に向いている人の特徴5選】未経験者を採用している業界を解説

企業は積極的に営業職を採用しており、転職市場においてチャンスが大きいといえます。

そのため、営業職へ興味がある人は、積極的に挑戦することがおすすめです。

しかし、営業未経験者だと、

「どんな人が営業に向いているのか」

「未経験からでも営業はできるのか」

など様々な疑問があるでしょう。

そこで今回は、実際に営業経験がある筆者が、営業職に向いている人の特徴と未経験からでも営業職に就ける業界を解説します。

営業職に興味がある人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

営業に向いている人の特徴5選

営業に向いている人の特徴は、次の5つです。

・コミュニケーション能力が高い

・顧客目線で考えられる

・主体的に行動できる

・体力やメンタルが強い

・数値管理が得意

営業で成果を出す人には、共通点があります。

自身に当てはまっているかどうか、確認していきましょう。

コミュニケーション能力が高い

営業に向いている人の大きな特徴の1つは、コミュニケーション能力が高い点です。

コミュニケーション能力が高いと顧客との関係を築きやすく、自社の商品やサービスを購入する可能性が高まります。

また、営業では顧客の問題解決が求められるケースがあり、相手の悩みを引き出すためにもコミュニケーションは欠かせません。

そのため、営業においてコミュニケーション能力は、必須だといえるでしょう。

顧客目線で考えられる人

顧客目線で物事を考えられる人は、営業に向いています。

相手目線になって営業ができれば、顧客と長期的な関係が築きやすくなります。

そのため、顧客の悩みについて、傾聴できる点も重要です。

実際に営業として活躍する人は、一方的に商品の話はせず顧客の話を親身になって聞く時間のほうが多いといえます。

顧客が何に悩んでいるのかを考えられる人は、営業でも成果が出やすいでしょう。

主体的に行動できる

営業では、主体的に行動できる人も向いています。

顧客のニーズを満たすには、常に商品や世の中の動きを把握し、自ら情報を収集をしなければなりません。

ときには自分のスキルアップのために、仕事以外の時間で読書やセミナーへの参加などで情報収集する必要もあるでしょう。

また、営業では人脈が武器となるケースが多く、交流会への参加などで人脈が作れる人は営業では有利です。

自ら行動を起こすことで、成果を出しやすいといえます。

体力やメンタルが強い

営業では、体力やメンタルの強さが求められます。

営業は基本的に外に行くケースが多く、個人の自宅や取引先企業に直接伺う場合があります。

場合によっては1日に何件も訪問し終日外出するケースもあるため、営業に体力はかかせません。

また、営業では目標達成のプレッシャーがかかったり、顧客に怒られたりすることもありメンタル面での強さも求められます。

そのため、学生時代に体育会系の部活に所属していた人は、採用されやすい傾向にあります。

もちろん、体育会系の部活に所属していた人以外にも採用されますが、営業では体力やメンタルが求められるので希望者は念頭に置いておきましょう。

数値管理が得意

営業では、数値管理ができる人も成果を出しやすいでしょう。

営業は毎月目標を設定して、数値管理しながら進めなければなりません。

例えば、新規開拓で100件営業をして、返事が返ってくるのが10件だとしましょう。

さらに返ってきた返事から、成約するケースが1件だとします。

1ヶ月の新規開拓目標を10件に設定した場合、逆算して考えると1月で1,000件営業する必要があります。

さらに、営業日数で割ると1日当たりの営業件数が算出でき、1ヶ月で自分がやるべきことが明確になります。

上記のように、数値目標を設定して計画的に進められる人は活躍できるでしょう。

営業に向いていない人の特徴3つ

営業に向いていない人の特徴は、次の3つです。

・プライドが高い

・身だしなみに気を配れない

・人と話すのが苦手

ただし、向いていない人の特徴に該当しても、悲観する必要はありません。

むしろ自分と向き合って、弱点を克服することが重要です。

営業職を希望している人は、特徴に該当しないように行動を変えていきましょう。

プライドが高い

プライドが高すぎる人は、営業で活躍できないケースが多いでしょう。

特に飛び込み営業では断られるケースも多く、プライドが高い人はショックを受けやすくなります。

営業には目標を達成するためのプライドは必要ですが、それ以外は営業の足を引っ張るので無駄なプライドは捨てるべきです。

プライドが捨てられない人は、営業には向いていないといえます。

身だしなみに気を配れない

営業できない人の特徴として、身だしなみに気を配れない点が挙げられます。

特に初めて会う場合、見た目の第一印象が大きな影響を与えます。

例えば、営業トークや商品が良かったとしても、身だしなみが悪ければその人から商品を買いたいとは思わないでしょう。

そのため、営業をする際は清潔感を意識しましょう。

人と話すのが苦手

人と話すのが苦手な人には、向いていないでしょう。

営業は人と話す機会が多く、新規開拓や既存顧客への対応など常に誰かと話をしている状態です。

そのため、人と話すのが苦手な人は大変に感じるでしょう。

しかし、営業では高いトークスキルが求められるわけではありません。

むしろ、顧客の課題解決のために、話を傾聴するほうが重要です。

多少話すことが苦手でも、営業として活躍している人も念頭に入れましょう。

営業に必要なスキル

ここでは営業において、特に必要とされる4つのスキルを紹介します。

営業には様々なスキルが求められ、自身で磨かなければなりません。

営業職で活躍したい人は、ぜひスキルアップを目指しましょう。

課題解決力

営業に必要なスキルの1つとして、課題解決能力が挙げられます。

例えば、営業では以下のような課題に直面するでしょう。

「売上を上げるにはどうすればよいか」

「効率よく営業できる方法はないか」

「特定のエリアで商品が売れないのはなぜか」

営業では課題が出た場合、それを分析して解決する必要があり、成果を上げやすい営業マンほど課題解決能力が高いとされています。

そのため、課題解決力は営業には必須のスキルといえるでしょう。

ヒアリング力

顧客の悩みやニーズを把握するには、ヒアリング力が欠かせません。

顧客は、企業が提供する商品やサービスを利用して、自身の抱える問題を解決したいと考えています。

例えば、以下のようなケースが挙げられます。

「保険を活用して将来の不安に備えたい」

「広告を出して売上アップや集客したい」

こちらは一例なので、実際は顧客ごとに悩みが異なります。

あくまでも商品やサービスは悩みを解消するための手段であり、顧客がどのような悩みがあるのか理解しなければなりません。

そのため、顧客から悩みを引き出すことが重要で、営業ではヒアリング力も求められます。

情報収集力

営業では、情報収集力も欠かせません。

顧客のニーズは常に変わっていくので、新しい商材や社会情勢などの情報を入手する必要があります。

場合によっては、新しい情報を提供するだけで感謝されるケースもあり、高いトークスキルや商材に頼らなくても良好な関係を築ける可能性があります。

情報収集力は営業で求められるスキルのため、新聞や書籍など様々な媒体から情報を入手できるように習慣化しましょう。

ロジカルシンキング

営業職を希望する人は、ロジカルシンキングを身につけておくとよいでしょう。

ロジカルシンキングとは、順序立てて物事を考えたり、体系的に整理したりする思考方法です。

ロジカルシンキングを身につけると、営業に必要な分析能力や問題解決力が向上します。

さらに、順序立てて物事を考えられるようになり、説得力のある提案ができるでしょう。

ロジカルシンキングは後から身につけられるスキルなので、営業に限らず全てのビジネスパーソンにおすすめのスキルです。

未経験でも営業として転職しやすい業界

未経験でも営業として転職しやすい業界は、次の5つです。

・不動産営業

・保険営業

・証券営業

・自動車営業

・医療機器営業

営業は高い目標が設定されプレッシャーのかかる仕事ですが、成果が給与に反映されやすく顧客に感謝されることもあるのでやりがいのある職種といえます。

興味がある人は、未経験者採用している企業を調べてみましょう。

不動産営業

不動産営業では、不動産の売買や賃貸の仲介などの仕事を行います。

不動産は高額商品で利益率も高く、営業成果が給与に反映されやすい業界です。

そのため、高給与を求める人や成果で評価されたい方におすすめです。

また、不動産は一生ものの買い物なので、顧客の人生に携わることもできます。

不動産営業は高い専門性が求められるため、常に勉強を続ける人に向いているでしょう。

保険営業

保険営業は、個人や法人を相手に保険商品を販売する営業です。

保険には生命保険や損害保険など様々な種類があり、商品に対する理解を深める必要があります。

また、保険商品は無形商材のため、顧客は営業マンの人柄で購入するか判断します。

そのため、身だしなみや普段の対応など、良好な関係を築く努力が欠かせません。

証券営業

証券営業では、リテール営業とホールセールの2つに分かれます

リテール営業では、個人顧客に対して株や投資信託・債券などの金融商品を顧客に販売する営業です。

保険営業と同様に無形商材を販売するため、人間性を磨かなければなりません。

ホールセールは、法人を対象に金融サービスを提供します。

資金調達やM&Aなどのサービスを提供しており、リテール営業よりも専門性が求められるでしょう。

そのため、新卒入社や未経験での転職者のほとんどは、リテール営業からスタートします。

自動車営業

自動車営業では、メーカー営業とディーラー営業の2つがあります。

メーカー営業では、法人向けの営業やディーラーの支援などがあります。

車好きの人も多く、自社で取り扱う自動車に誇りをもって働ける点が大きなやりがいといえるでしょう。

ディーラー営業は、個人向けの営業です。

自動車の営業と聞くと、多くの人がこちらを思い浮かべるでしょう。

自動車を販売した顧客とは、長期的な付き合いになるケースも多く、顧客の人生に携わることができます。

医療機器営業

医療機器営業は、医療機関に自社の医療機器を販売する営業です。

医療機器の販売だけではなく、使い方の解説や導入後の支援なども行います。

医療機器営業は、医療にかかわりたい人や世の中の役に立ちたいと考えている人におすすめです。

医療に関する最低限の知識が必要ですが、未経験でも採用しているケースもあり、気になる人は確認してみましょう。

また、未経験者は研修制度が充実している企業がおすすめです。

営業は2つの軸で分類できる

営業では、次の2つの軸で分類されます。

・個人と法人

・新規開拓とルート営業

営業職への就職・転職を考えている人は、2つの軸について押さえましょう。

個人営業と法人営業

まず営業は、個人と法人の2つに分類できます。

個人営業では、一般家庭や消費者を対象にしている営業です。

例えば、保険や自動車・ネット回線などが挙げられます。

個人営業では営業マンの人柄で判断される傾向にあるので、良好な関係を築けるように努力しなければなりません。

法人営業は、企業を対象に商材やサービスを販売する営業です。

広告や求人・金融関連など様々な商材があります。

個人よりも規模が大きく経営者を相手にするケースもあり責任が大きいですが、その分やりがいを感じやすいでしょう。

営業職で転職される方は、個人営業と法人営業の違いを理解した上で転職活動をすることがおすすめです。

新規営業とルート営業

営業は、新規営業とルート営業に分類できます。

新規開拓営業では証券業界や保険業界など、個人顧客に対して実施されるケースが多いでしょう。

ルート営業は、すでに取引をしている個人や企業にさらに商品やサービスを買ってもらうための営業です。

継続して商品やサービスを買ってもらうには、新商品の提案や問題のヒアリングなど顧客目線での営業が重要です。

場合によっては、顧客を紹介してもらえるケースもあるので、良好な関係を築けるように心がけましょう。

営業職への転職は誰にでもチャンスはある!

企業は積極的に営業職を採用しており、誰にでもチャンスがあります。

そのため、向いている人は積極的にエントリーしましょう。

なかには未経験者を積極的に採用している業界もあり、事前に調べることがおすすめです。

営業は大変な面もありますが、やりがいのある仕事なので興味がある人はぜひ挑戦してください。

  • この記事を書いた人
アバター

藤田けんと

27歳千葉県在住のWebライター
これまでに100以上の記事を執筆

得意ジャンル
・転職
・就職
・資格

職歴
証券会社:営業
税理士法人:財務コンサルタント
フリーランスWebライター

-就職・転職